Service

学術情報交換システムの開発ならびに運用

国際会議を開催したいというニーズはあるにも関わらず、手続きの煩雑さ・言語の壁・要旨登録や参加登録システムの不便さや使用料金の高さを理由に不便を強いられている現状があります。独自に開発した、学術情報交換システムとその運用により、基礎研究が国際社会でより多くの方に認知頂けるよう支援します。

基礎研究のプロモーション業務ならびにビジネスマッチング

基礎研究成果を分かりやすく紐解き、解説する方法論の伝授や、実際の情報発信や成果還元の場として公開イベントやWebプロモーションを手伝います。様々な形での情報発信や成果還元が可能となるよう、お手伝いし、最終的に企業様と研究者様のビジネスマッチングの機会創出を支援します。

学士/修士/博士課程の方へのキャリア支援

研究者としてキャリアをつけていきたいと考えている一方で、将来のキャリアの選択肢を狭めてしまっている方も多くいらっしゃいます。キャリアアドバイジングや各種イベントを通して、適職につけるように支援いたします。

こども向けサイエンススクール『科学キッズ』

自然科学の基礎をしっかりと学ぶために『定量的な実験と観察』を重視して、大学教授の監修を頂きながらプログラムを作成しております。受け身の授業ではなく、五感を使ったカリキュラムを用意し、『気づく』力をはぐくみます。

About Us

会社名
株式会社IDOBATA
代表取締役社長
今村 邦之
設立
2018年7月
資本金
9,650千円
住所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目11-20 オフィススクエアビル新宿 3階
電話番号
03-5333-0802
事業内容
学会運営システムの開発ならびに運用
大学研究のプロモーション業務ならびにビジネスマッチング
学士/修士/博士課程の方へのキャリア支援
サイエンススクール(科学キッズ)
■実績
≪シンポジウム≫
・3R&3C Symposium
≪Webアプリケーション≫
・MaAC

Executive Team

代表取締役社長 今村 邦之

1987年生まれ、鹿児島出身で、高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にてマーケティングを専攻。25歳の時に教育型人材紹介会社、UZUZを設立し、現取締役会長。慶應義塾大工学部の学部長であった谷村豊太郎の「すぐ役に立つ人間はすぐ役に立たなくなる人間だ」、との言葉に、キャリア支援を行う立場として深く感銘を受ける。日本の基礎研究を社会にわかりやすく伝えつつ、基礎研究者のキャリア支援を行いたいと考え、IDOBATAを設立。

代表取締役社長 今村 邦之
1987年生まれ、鹿児島出身で、高校卒業後、米国アラバマ州立大学ハンツビル校にてマーケティングを専攻。25歳の時に教育型人材紹介会社、UZUZを設立し、現取締役会長。慶應義塾大工学部の学部長であった谷村豊太郎の「すぐ役に立つ人間はすぐ役に立たなくなる人間だ」、との言葉に、キャリア支援を行う立場として深く感銘を受ける。日本の基礎研究を社会にわかりやすく伝えつつ、基礎研究者のキャリア支援を行いたいと考え、IDOBATAを設立。

Message

『基礎研究を社会に伝える』

日本の基礎研究は、非常に先端的かつ高度なものであるにも関わらず、その先駆性は「すぐには役に立たない研究」「何に役に立つのかわからない研究」と言った、陳腐な意見にかき消され、なかなか日本社会の中でも認知されていない現状があります。
この背景には、国の科学政策のまずさ、研究者の情報発信力不足、情報を仲介するマスメディアの問題など、複合的な問題が存在しています。
研究内容を、海外の研究者や国内の民間企業、一般の方にも発信し、わかりやすく還元したい。研究者・海外・企業・一般人といった垣根をなくして研究内容を正確にわかりやすく伝達し、交流できるような場をつくりたい。「井戸端会議」のようにというとやや行き過ぎかもしれません。しかし、基礎研究についてもっとわかりやすく、気軽に、そして正確に情報交換、情報還元、意見交換、を行うためのあらゆる場を提供していきたい。
そのような想いで、IDOBATAを設立しました。
独自に開発した学術情報交換システムを手始めに基礎研究のための情報発信、情報交流、そして成果還元のための様々な事業に取り組んでいきたいと考えています。

Contact

問い合わせ内容
学会運営についてアウトリーチ活動についてその他
団体名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
備考